冬虫夏草研究センター

冬虫夏草研究センター

大栄生物科技は冬虫夏草に投入して数十年を育成し、多くの知恵化設備とAI人工知能技術を利用して、全台の1番目最初の知恵化冬虫夏草育成場を設立しました、優良な冬虫夏草を安定に生産して、高品質な健康食品の原料になります。育成と生産のほかに、多くの学界、医学界の重要な人を招き、「台湾薬用真菌冬虫夏草応用発展協会」を設立しました、意見の交換の専用プラットフォームを作る。大栄生物科技は長年的な虫草の研究と経験は文字で転化して、という「虫草の王」と「虫草の新世代」二冊の虫草専門書を出版しました。難しい冬虫夏草の専門知識を浅く説明し、虫草の優勢と特色をよく説明します

book.jpg
oppening.jpg

人工培育技術が成熟するにつれて、冬虫夏草は規模化生産に入り、市場の見通しは明るい、しかし、量産の過程で、成長できないと生産量が減少している虫草菌株が発見されました。割合が次第に上がって、「菌種退化」といいます。この現象は大栄生物科技に大きな挑戦をもたらて、または全体虫草産業界が克服しなければならないの問題もあります。そのために大栄生物科技はNT$千万円の費用を費やす、菌種研究センターを設立し、「菌種の退化」を引き起こした各種の直接または間接な原因を徹底的に研究して、困難な問題を解決したい。継続的な努力のもと、「EADS菌種早期活性検出技術」の革新の開発を成功しました。菌種の段階から、冬虫夏草の培育過程を選別し、厳格で管理し、優良種菌を持続的に保持し、退化菌株を改善し、大栄菌種センター「保蔵復壮」の目標を達成する。

大榮生物科技は2018年に菌種遺伝子実験室を設立し、初期に世界各国の冬虫夏草を大量に集め、各虫草菌株の遺伝子を検査し及び交配し、菌種劣化の問題を克服した、さらに分子技術によると遺伝子ふるいわけ検査を行って、各機能性遺伝子の優良品種を選びと育種交配を行く、高機能性成分を含む複数の冬虫夏草品系を育成することに成功した。 大榮生物科技は、豊富な虫草の育成経験と革新的な遺伝子検査技術を結合し、優良な菌種の中からより優れた次世代を選び、劣化を回避するだけでなく、さらに菌種を最優化し、量産効率を最大化します。 大榮生物科技が最適化の虫草菌種及び培養技術は冬虫夏草のコルジセピン、多糖体及びGABAなどの機能性成分を高める、お客様の優良の品質、安い値段の冬虫夏草原料を提供しています

3_cordyceps.jpg