遺伝子技術

遺伝子実験室


cordyceps_banner.jpg

サナギ虫草の性別遺伝子


サナギ虫草は一薬にして二用の菌を食べ、子嚢菌門に属します。この種の真菌ゲノムの中には、MAT 1-1とMAT 1-2の2つの特化性遺伝子座(locus)があります。 サナギ虫草を例にとって、1株のサナギ虫草菌糸体は同時に2組の特化性遺伝子座を持っています。雌雄同糸型といいます。単一の個体で無性生殖ができ、直接菌糸体から子実体に発展します。 ただし、1株のサナギ虫草菌糸体が1組の性別遺伝子座しか持っていない場合は、雌雄異糸型と呼ばれ、二つの種類の遺伝子座を持つサナギ虫草、有性生殖を行うことで、菌糸体から子実体に発展することができます。、

自然界のサナギは雌雄異糸型が多く、人工培養の過程で雌雄同糸型が発見されたのは極め 少数である。サナギ虫草染色体の中の2つの特化性遺伝子座はそれぞれ異なる遺伝子を含んでいます。MAT 1-1はMAT 1-1とMAT 1-1-2の遺伝子を含んでいます。MAT 1-2はMAT 1-2-1の遺伝子だけを持っています。 この中MAT 1-1およびMAT 1-2の2つの遺伝子は、フェロモン遺伝子や光誘導遺伝子など、サブエンティティの発育に関連する多くの遺伝子を調節することができます。 したがって、サナギ虫草の無性生殖や有性生殖の繁殖ルートには絶対的な影響力があります

2n.jpg

総合能力分析と交配育種


サナギ虫草の生活史の中で、栄養が足りない環境の下で、無性世代は胞子を生むことによって、風向き次第で力の水力は散布して、適当な宿主を探します。有性世代は子實体で子嚢殻を開発し、大量の子嚢胞子を含む。サナギ虫草の分生胞子と子嚢胞子は、染色体が完全な二組の性別遺伝子座を含む限り、すべて単一の胞子から菌糸体を生成して、順調に子實体に成長することができます。

そして、分生胞子または子嚢胞子を単一の性別に分離した後、合成酵素の連鎖反応(PCR)によって、サナギ虫草の性別遺伝子座の遺伝子を調べてサナギ虫草の性別を識別し、単胞子を育成して大量の菌糸を生成し、mRNAを抽出し、その各種遺伝子表現を定量化し、虫草素、虫草酸、虫草多糖、GABAなどの多種の遺伝子を含んで、即時の凝集酵素連鎖反応試験を通して単一の胞子に対して総合能力分析を行い、次の交配の根拠とする。分析資料を通じて、必要なサナギ虫草の菌種を選んで交配して、後代の中から同時に親世の最优点を持つ子代を選び出して、潜在力の新しい菌種になります。

大栄生技は近年遺伝子遺伝の研究部門を設立し、大学から多数の遺伝子専門家を招聘してサナギ虫草の遺伝子解読計画に参加させました。目的は遺伝子からサナギ虫草の機能性成分をどのように高め、量産品質を維持し、高規格のサナギ虫草保健原料を提供し続けることです。

rnd_2.png