遺伝子技術

遺伝子技術

菌種改善センター


サナギタケの遺伝子を研究

菌種改善センターのメインターゲット:「EADS早期活性測定技術」という独特な技術を使って、各菌種の生産、品質分析と管理を行います。それ以外、関連のある薬用真菌の研究、新技術、新たな研究と運用も続けて開発します。

rnd.jpg

菌の退化と衰退を防止


性別遺伝子

サナギタケの二種類の交配型の同時存在は必須、そして人工交配を行いすることに、上質な子実体を育成することはできます、同時に機能性成分の量も高い。

rnd_2.png

胞子分離

サナギタケの子実体成熟したあとは胞子を生成します、その胞子を分離、そしてDNA鑑定を使って、交配型の菌糸を分別したあとで引き続き人工交配と育成を行います。

薬用真菌の開発


rnd_3.png

遺伝子計測

各胞子を分離したあと、子実体の成長と機能性成分のキージーン重点的に分析し、データベースを作り、そして需要によって別の菌種を開発します。


交配と育種

データベースから違う優勢を持つの菌二株選抜して人工交配させることで、その二つの長所同時に持つの優良菌種を生成します。