独占技術

独占技術

培養技術

特殊波長LED培養技術

大葉大学からの特殊技術:特殊波長LED培養技術、特定の波長を利用し、サナギタケの成長サイクルを短縮、さらに機能性成分の量を上がることができます。この技術は各界から認められ、色んな新聞社もこの技術を報道しました。


新たな液体、固体共存発酵技術

新たな両相共存発酵システム:液体培地の上はサナギタケの子実体を育成、その下は同時に液体発酵を行います。一つの設備の中で最高効率の効果を達成し、固体培地の処理も改善し、ともに機能性成分の量も上げることできます。大榮は環境に優しい発酵方法を全力で発展します。

technology_1.jpg

発酵技術

technology_2.jpg

DMFS多段階発酵制御技術

高精度で菌の新陳代謝を制御します。酸素、温度、炭素元、窒素元などの環境因子を制御することによって、その機能成分の量を伝統的な発酵方式より1倍上がります、そして商品の保健価値も上昇します。


SMIF特殊微生物誘導因子発酵技術

微生物を培地として発酵を行います。微生物表面の糖タンパク質を誘導因子として菌の機能性成分の生産を効率よく誘発します、例えばコルジセピン と多糖体とその他の機能成分も

AI技術運用-知能化工場

色んな技術のコンビでサナギタケの培養を進化。3Dプリントから接種用機械アーム、IoT技術と繋がり、データベースで資料を収集。 知能化工場でサナギタケの培養を死角なし監視し、計測し、そして最適化の条件を計算して、サナギタケの培養モデルを作ります、AI管理時代を迎えます。


technology_3.jpg