実習制度を整備し、学生の就業力を効果的に向上させる

sip-tw.jpg

業界実習は学生を「work ready」にするための有効な方法の一つです。 業界実習とは、学校が学生を育成するために必要な観念と能力を育成し、職場の仕事を早めに体験することを指します。学生が専門課程を修得してから相当のレベルに達した後、在学中に関連分野の企業や機関に実習し、職場の適応力と競争力を高める。

大栄生技は国際認証の保健食品開発と製造工場であり、更に教育部に協力して夏休み実習計画を推進しています。 108年度夏休み、大栄は大葉大学、亞洲大学、弘光科技大学、朝陽科技大学と協力して、10名の実習定員を開放し、研究開発、品質保証、生産制、販売専門チームによって学生を指導して、一つの製品が無から有までの過程を理解します。

sip-student.jpg

2019-07-04